発生しなかった成果

1年契約で、現在10ヶ月目だが全然成果が出ていない。さてどうしよう。けどどうでもいいさ。明日すべてが終わる。彼に対して私が契約について説明した時に、「必ず1年やれば効果が出ますよ」というものだった。彼は有名なブルースシンガーの一人で、ムサビ卒でゴールドマン・サックスにも務めたことがある経歴の人で、生まれは沖縄県うるま市のさとうきび畑の近くであった。もちろんお母さんありがとう、僕を産んでくれて、とあの日語った彼の言葉は嘘ではない。母の誕生日にザワワを歌ってあげて、ひめゆりの塔で涙した思い出は嘘ではない。しかし彼は何がどこでどうころんだか分からないが最近大阪の刑事に逮捕されてしまったのだった。罪状は詐欺罪。私に内緒で結婚詐欺をしていたのだった。詐欺の罪は意外と重い。昔オレオレ詐欺の売り子で逮捕された子がいたが、グループ的な犯行だったのでとにかく最後判決が出るまで時間がかかった。収監されてる時間も長かった。私は彼に会いに行こうとしたのだが、会いに行く時に駅で不思議なことがあって結局収監されてる場所にはいけなかったのだ。その駅をおりるとすごい高いビルが並んでいて、それでいて下町だった。駅を降りるとギターをひいている男がいて、彼がブルースを歌っていたのだった。とても上手で、私は一瞬でこの人はただものではないと判断できるレベルで、といってもわたしは芸術のげの字も分かるレベルではないのだけど、1音から次の1音に映る、すごい短いあの一瞬が永遠のように聞こえたのだ。私は彼に恋をした。しかしまさかその10年後に私は彼にビジネスをしていて、さらにその後すぐ彼が詐欺で逮捕されたというのはあのブルースがかき鳴らされた瞬間にはとても考えもしなかったことだ。ともかく私は彼に話しかけてみた。お上手です。あなたこそ綺麗ですね。とんでもないですわ、あなたの音楽こそが美しいわ。ハハハ。君はお上手だね。まるでさとうきび畑で昔見たイリオモテヤマネコみたいだよ。ネコですか?何かよくわからないわ。そんな会話をしていると突然雨が降ってきた。その日は梅雨がちょうど開始した日だった。永遠につづくかと思ったあの真夏日はその日終わりを続け、重たい雲がのしかかり、しかし耳には美しい曲が流れ、目には美しい男が移り、私はあの暗黒の10年に片足を突っ込んでしまったのだった。